浮気調査や素行調査の費用や方法、優良探偵の探し方のガイドブック

浮気調査を依頼する前が女性は一番苦しいのです。

浮気調査
Pocket

私たち夫婦の関係

私達夫婦は恋愛での結婚でした。主人はあまりモテるタイプの男性ではありませんでしたが誠実でとても魅力的な方でした。今は子宝にも恵まれ可愛い子供も二人います。二人ともすくすく育ち、高校生になるのでもうすぐ手が離れるな、と少しの寂しさと期待を合わせもっていました。

主人は普通の小さな木材会社の会社員です。毎月きっちり給料を持って帰って来てくれいましたし、私も自分の時間が比較的あったので時間を見つけてはパートに出る位で家計的には生活にもそんなに困っていませんでした。旦那には毎月決まったお小遣いを渡していて、特にそれ以上を無理にせがまれる事もありませんでした。それなりに普通の夫婦関係を送っていたと思います。

旦那の不審な生活行動

そんな時期にふと、私は旦那の休日の使い方に違和感を持つようになりました。多趣味では無い旦那が休みの度にどこかへ出掛ける様になったのです。どちらかと言うとインドアな人でしたので、始めは何か新しい趣味でも見付けたのかと嬉しくなりました。でも、出掛けた日に何をしていたのか興味本位で聞いてみても話をはぐらかされてしまいます。その不自然さが気になり、更に旦那に聞きこむと少しイラ立ちを隠せない状態で言葉を返してくるのです。その事があってからはあまり詳細は話は聞かない様にしていましたが、一度芽生えた不信感は拭えませんでした。

時たま出掛ける主人は何処となく浮足立っている様にも見え、明らかに彼自身の今までの生活から考えると不自然でした。この頃から私の女の第六感が働き始めました。

浮気調査の依頼

その内に、浮気なのではないだろうか、という気持ちが芽生えてきました。一度旦那を疑ってしまうと何もかもがその様に見えてしまいます。何度も考えましたが、旦那の浮気調査を依頼する事にしました。何も見つからない事を期待して料金は自分のへそくりから出しました。「浮気の事実が何も見つからなければ、このお金は消えて無くなった物だと思おう」と考えました。

とうとう浮気調査を依頼してしまう状態になるまで私達の夫婦関係は破綻してしまったんだろうか・・・そんなに旦那が信じられないのか・・・と何度も自分を叱りつけた事もあります。しかし、本当に旦那が浮気をしていた事を想像すると他の女と会った後でよく平気な顔して家に帰ってきて子供の顔が見れるな、とイラつくこともありました。

浮気調査の結果は思っていたよりも早く届きました。それだけ頻回に浮気相手と会っていたと言う事なのでしょうか。浮気調査の結果は黒でした。相手も既婚者の方でした。浮気相手の女性の旦那さんは会社を経営しており、浮気相手はその会社で働いていました。報告書の中にはその会社の電話番号、会社名、その夫婦の家の住所、電話番号まで載ってありました。その事実を知らされた時、私は本当に落胆しました。半分分かってはいたのですが、やはり落胆するものですね。

ショックと絶望と裏切りで喉がカラカラになりました。この事実を知った状態で冷静に主人と話をする事が出来る自信がありませんでした。しかし、不幸は続きます。探偵事務所の調査員の方からは更にショックな内容を聞かされました。なんと、この二人が性行為を行っている男女の関係を映像として撮っていたそうなのです。言葉は濁されましたし、あまりその分野の詳しい事は分かりませんが、もしかしたらそれを売ってお金にするつもりだったのか、屋外でも行為に及んでいるという内容でした。本気で虫唾が走りました。いい素人の大人が一体何をしているのでしょう。あまりの事に私は旦那への嫌悪感、受け入れられないという気持ちでいっぱいになりました。

その報告書はしっかり自宅に持ち帰りました。どっと疲れて何もする気になりません。何時間ぐらい真っ暗な部屋で一人座っていたでしょうか。子供が中学校から帰ってきて私の状態にびっくりしていましたが、その日の内に子供に説明するのはあまりに感情に流されていると考え、しばらくはそのままの生活を続けました。

方や旦那はと言うといつも通り生活をしています。何度、家の事、母である事、妻である事を放棄して罵声を浴びせてやろうかと考えた事でしょうか。同じ空気を吸うのも嫌ですし、彼への家事一般が嫌でたまりませんでした。数日経ってもこの感情は変わらず、やり直したいと言う気持ちは少しも沸かなかった事で踏ん切りをつけ、旦那に離婚の話を持ち出しました。

浮気調査をして知った事について伝えました。旦那は謝り、浮気相手とは別れるから離婚しないでほしいと言われました。確かに長年連れ添ったものですから、懇願する彼の姿を見て少し心は揺らぎました。一度位は許そうか、と。しかし、本当に一回なのだろうか、本当にこれから今までの様に信じられるのだろうか、ホントに耐えられるのだろうか、別れる事が一番の正解なのだろうか、色んな事を考えました。子供がどう思うか、親は心配しないだろうか・・・

数日二人で話し合いましたが私たちは別れる事を決意しました。何よりもやはりお金儲けの為なのか、趣味の範囲なのか自分たちの行為を映像に収めている行動がどうしても理解する事が出来ず、その行動が彼を受け入れる事が出来ない最大の理由でした。

結婚生活を振り返って、そして離婚して

確かに私にも非はあったのではないか、反省する事もありました。元来、強く押す事も出来ない内気な性格でしたので、例えば夫婦生活に対してもっと彼を満足させてあげられれば良かったのだろうか、外見にもっと気を付けていれば良かったのだろうか、同じ様に働いて彼の辛さを理解してあげられればよかったのだろうか、等です。色々思う事はありましたが、旦那とは別れて少しは気持ちは晴れました。しかし、心が暗い表れでしょう。その後、旦那の浮気相手の女の方を今度は探偵事務所に追跡調査して頂きました。

本当に旦那とは別れたようです。しかし、その相手の夫婦旦那はその事実を知らないのか、夫婦関係を継続しているようでした。私にはそれがどうしても許せませんでした。私はこんなに辛い思いをしているのに、なぜ、あの女は今まで通り夫婦関係を続けられているのか、不愉快でなりませんでした。

やり方は暗いですが、電話で彼女の旦那に本当の事を言ってやろう、言う!って言ってビビらせてやろう、と考えました。何度か、自宅や会社に電話しましたが、相手の女が出ると悔しくて悔しくて声が出ず、何も言わない電話を3回程かけてしまいました。どうしても、出来ないので男友達に頼みました。

そうすると、その友達が行く飲み屋の女の方が代わりに電話してあげる、と言ってくれました。彼女には私の名前を言ってもいいし、私になりきって罵声を浴びせてほしいと依頼しました。電話番号がバレ無いようにホテルからかけてくれました。「浮気相手に電話しバラすよ!」と彼女は言って脅してくれました。初めは強気だった浮気相手も少したじろんだ所で電話を一方的に切ってやった、との報告でした。その報告を受けた時電話越しに大泣きし、ようやく一連の事件が終わったと感じました。

離婚は本当に私の人生の中では大きな出来事でした。大きなストレスの塊でした。しかし、一番ストレスだったのは旦那の浮気を疑っている時でした。疑う事で自分自身が見えなくなっていました。結婚相手を信じられない、駄目な妻、というレッテルを自分で貼ったりしていました。なので浮気調査を依頼しよう、と決意した日からは少しその大きなモヤモヤは軽くなったように思います。

旦那が浮気をしていたという報告を受けた時は全面的に旦那を悪者にしました。相手が悪者になる事で自分は救われました。私も旦那の浮気が白か黒か疑っている時が一番辛かったですから、はっきりさせる事で憎むべき対象が絞られるので、今悩んでいる方は是非白黒はっきりさせる事をお勧めします。

このままモヤモヤしたまま一生を過ごす事は出来ません。いつかははっきさせるつもりなら早い方が時間の無駄にもなりませんよ。旦那が少しでも生活リズムが変わってきたり、あまり聞いても答えない時や何も教えてくれないのに楽しそうにしている時は気を付けて下さい。新しい恋をしているかもしれません。

Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アンチエイジング興味あり