浮気調査や素行調査の費用や方法、優良探偵の探し方のガイドブック

浮気の復讐に盛り込む2つの事はこれ!

浮気復讐
Pocket

旦那が浮気をした事が分かった時、女性によっては“浮気の復讐”がしたくなるという女性も少なくありません。

元来おしとやかで攻撃性も全くないような物静かな女性でされ、旦那に浮気をされた時にはまるで人格が変わったように攻撃的な性格に変貌し、探偵事務所に旦那の浮気の復讐をお願いしてくるような女性もいるようです。

探偵事務所の調査員に浮気の復讐をお願いすること自体はグレーな依頼ではあるのですが、それはさておき、自分が浮気をされた時にその復讐をしたいと考えるのは人間としては当然な心理でしょう。何も、そう思ってしまう自分自身を責める必要はありません。

浮気をやらかした旦那の事を心底見損なったという女性が多いのは当然ですが、旦那の浮気相手の女性の方に怒りの矛先が向かう女性も過半数いて、どちらかというと相手女性への怒りの方が強くなる傾向にあるそうです。どの女性も、復讐したいという思いを抱くのは共通しているのです。

では、実際に旦那に浮気をされた時にどのような事に気をつけて復讐をすべきなのか?

この記事では、浮気の復讐をする際に盛り込みたい2つの内容を具体的に紹介します。

1.精神的な浮気の復讐

旦那の浮気相手の女性に浮気の復讐をしたくなる理由としては、「自分だけが浮気をされてこれほど辛く悲しい思いをしているのに、なぜあの女はぬくぬくと幸せそうにしているのか?自分の幸せを壊したあの女を絶対に許せない!」という心理が働く事が影響しています。

浮気相手の女性が既婚者でダブル不倫をしていたという事が判明した場合は、更にその心理は強くなる傾向にあります。「自分だけは何事もなかったかのように家族と幸せに過ごし、旦那にも子供にも浮気の事実がバレていないなんて、そんな勝手な事が許されるわけがない。不平等すぎる!」という心理が働くからですね。

私はこのように思う女性の心理は当然だと思いますし、間違った考え方だとは思いません。旦那に浮気をされた事にはもしかしたら夫婦のセックスレスなどの原因があるのかもしれませんが、それと浮気をするという事は全くの筋違いですからね。どんな理由であれ浮気をする事は許された事ではありませんし、誰かを不幸に陥れる事があってはいけません。

だからこそ、浮気相手の女性にはちゃんと浮気の復讐をしても良いのです。当たり前です。

もちろん、その相手女性に怪我を負わせるとか、誰かに襲わさせるとかそういった事をしてはいけません。それは通常の思考で冷静に考えれば犯罪だと分かりますからね。そこだけは勘違いしないように気をつけて下さい。

あなたが浮気の復讐として行って良い事は、精神的な復讐です。

つまり、あなたが旦那に浮気をされた事によって受ける事になった悲しみや怒りなどの感情、辛い思いと同じくらいの心理を、相手女性にもちゃんと感じて貰いましょうという事です。相手の女だけが幸せであり続けるのは、許せませんからね。

では具体的にどういった浮気の復讐方法をとるのか・・・?

それはズバリ!“周りの人達を巻き込む”事です。「そんなひどい事するの?」と思われた女性もいるかもしれませんが、そこでこう思ってしまうようであれば、浮気の復讐なんてそもそも考えない方が宜しいでしょう。

周りの人達を巻き込むのはある意味当然です。あなたもその女によって不幸に巻き込まれた訳ですし、旦那との夫婦関係や幸せな家庭、明るい未来をぶち壊しにされたのですからね。

巻き込むべき周りの人というのはもちろん、浮気相手の女の家族、女が既婚者であれば旦那などです。独身の場合は女が勤めている会社の総務部、人事部などがターゲットでしょう。小さな会社であれば代表宛てて良いですね。そこまでやって初めて浮気の復讐をやってやったという気持ちになるでしょうし、やらないままズルズル気持ちを引きずってしまうと、いつまで経っても浮気相手の女性への怒りを押し殺して生活する事になりますからね。

これほどバカらしい事はありません。

ではどうやって浮気相手の周りの人達の住所や連絡先を入手するかというと、そんな時にこそプロの探偵に依頼すべきなのです。浮気相手の女性の実家や職場をリサーチする事ぐらい、探偵事務所にとっては日常茶飯事の依頼事ですし、何ら難しいお願いでもないのです。

浮気相手の実家の住所や勤めている職場の名前、住所などが分かれば、まずは浮気の事実を伝えるための手紙攻撃を行いましょう。

探偵事務所の調査員から貰った浮気の証拠写真があればそれを同封するのが効果的でしょうし、あなたの連絡先もちゃんと記載しておく事でその手紙の信憑性はぐんと高まります。手紙に記載する内容が分からないという方はその辺りも探偵事務所の調査員と相談しても良いですね。

浮気の復讐として浮気相手に物理的に傷をつける事は許される事ではありませんが、あなたが行う浮気の復讐は、単に「あなたの娘さん(会社に送る場合は〇〇さん)は浮気をして人の家庭を不幸にする女性ですよ。」という事実をそのまま教えてあげているだけなのですから、躊躇する事なく行いましょう。

2.経済的な浮気の復讐

浮気の復讐の2つ目の内容としては、経済的な復讐です。つまり、浮気相手に慰謝料を請求するのです。

浮気が原因で旦那とは離婚する事になる女性もいるかもしれませんし、旦那から浮気の慰謝料を貰ったり、子供の養育費の支払いの約束を取り付けるという事はよくある事です。

ですが忘れてはいけないのが、浮気相手の女性へもちゃんと浮気の慰謝料を請求するという事でしょう。ちゃんとした弁護士さんをつけた場合などはこの辺りは確実に押さえてくるポイントですし、被害者であるあなたは浮気相手の女性へも慰謝料を請求する権利があるのです。

浮気相手の女性へも慰謝料を請求する際に必要となってくるのが浮気の証拠です。写真、音声、ビデオなどがあれば十分ですね。どれくらいの期間に渡って浮気をしていたのかがわかる証拠があればそれも慰謝料の額に関係してきますから、浮気の証拠はたくさんあった方が有利です。

浮気の証拠集めもできればプロの力を借りたい所ですね。優秀な探偵事務所の調査員になればなるほど、依頼女性の先の生活の事まで見据えて浮気の証拠を押さえにいきますから、どうせプロに依頼するのだったら実績のある探偵事務所に依頼するようにして下さい。

仮に旦那とは離婚する事にならなかったとしても、浮気相手の女性はあなたの生活に踏み入って家庭を壊しに来たわけですから、その場合でも経済的な復讐をする必要はあるのです。しっかりと慰謝料は請求するようにして下さい。

相手の女性も悪い事をしたという罪悪感を多かれ少なかれ感じている場合が多いですから、たいていのケースでは慰謝料を貰う事に成功するはずです。

Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アンチエイジング興味あり