浮気調査や素行調査の費用や方法、優良探偵の探し方のガイドブック

旦那を日常的な浮気に走らせた妻の姿勢はこれだった!

旦那浮気
Pocket

「3歩下がって歩いていたら、女は必ず浮気をされる!!」と思って間違いありません。
旦那を立てて3歩下がって歩くような奥さんは、それだけ旦那にとって都合がいいんです。私の知り合いで、男性からの熱烈なアタックによって結婚した女性がいます。女性は男性の3歳年上、元々気の強い性格ではありましたが、今思えば、旦那より3歳年上ということもあり、知らず知らずに奥ゆかしくなってしまっていたんです。旦那は気が付いていなかったかもしれませんが、3歳年上ということで旦那に引け目や嫌な思いをさせないように彼女なりに気を使っていたんです。

夫となった男性は、もともとやんちゃなタイプ。
女性側からしたら、『それちょっと違うんじゃない?』なんて感じる出来事があったとしても、「彼は若い、若さゆえにしょうがないのかもしれない。もう少ししたらわかってくれるはず。私は年上なんだから、うるさいことをごちゃごちゃ言わずに温かく見守ろう。。。」そんな風に自分を納得させ、旦那には直接言わず、気の置けない女友達に旦那の事を愚痴る程度でした。
結婚して程なく子供が生まれ、慣れない育児に彼女は一生懸命。旦那は相変わらず。
「彼はまだ若い、若いんだから、子供が生まれて可愛い!」とは思っても、だからと言って女性のように生活すべてが子供中心になることはない。当然夜遊びもする。時には遅くなることもある。でも、そこで文句を言ったりしない。年上なんだし、妻なんだし、大きくおおらかに構えていよう、それが彼女の心がけのすべて。

旦那の様子がおかしい!浮気の兆候あり

でも、だとしても、なんだか最近旦那の様子がおかしい・・・
そう、気づいた頃には時既に遅し。旦那はしっかりと他の女性と浮気をしていたのです。
ですが、ここまで控えめにしてきた彼女が、急に豹変して旦那を責めたてるなんてことは起こりません。ここでも年上として3歩下がってきたことがネックとなります。これまでの振舞いから一転、突然髪振り乱して旦那にキレかかるなんて・・・・逆に彼女のプライドがそれを許さないのです!!
だからこそ、はらわたが煮えくり返るような思いを必死で抑え、彼女は冷静に旦那と話そうとします。なのに、キレまくって話にならない夫。
そう、夫側からしたら、ここまで3歩下がって自由にさせてくれた奥さんが、急に夫の行動を制限するような話をしだしたところで、夫側からしたら『急になんだよ!』ということになり、あくまでも今までのように3歩下がった対応を奥さんに求めてくるわけです。
そして理不尽にも、『浮気をしたのは悪いかもしれないが、自分に浮気をさせるような態度をとった奥さんが悪い!』と言い出す始末。
はたから見たら『なんのこっちゃ?バカじゃないの?』という話ですが、夫婦の事情なんてのは他人にはわからないものです。
これまでの二人の関係性が、その夫婦の絆の根っこになっているんですから。常識的には考えられない言動や状況だとしても、二人の間でのみ、そのことに対する妥当性が生まれてしまったりするわけです。

 

結局、離婚はせずに旦那の元へ・・・


その後、彼女は悩み、一度はそっと実家に家出も試みてみたりはしましたが、生まれたばかりの幼い子供のことを考えて離婚は踏みとどまり、夫の元に戻るべく話し合いの場を設けます。そこで夫が放った言葉、それは『お前の態度が悪いから、俺は浮気した。それなのに、俺の身の回りの世話を放棄して家出するなんて、お前は本当に自分勝手だ。戻ってきたければお前が謝れ。』と、にわかには信じられませんが、本当に言ったのです。そして、これまた信じられませんが、彼女はそれを受け入れて謝罪し、夫の元に戻ったのです!!
彼女が年上だから、という概念を超えて、全く私には信じられない展開でした。
確かに彼女は、我慢強い。3人兄弟の長女のせいか、とても面倒見もよい。長女として我慢することに慣れているせいか、物分りまで非常に良い。一見、長所にも値するような彼女の慎ましさがあだとなる・・・・このことが、二人の間の決定打となり、その後も旦那はことあるごとに浮気。彼女は何度も離婚を考えますが、最終的にはなぜか彼女が謝る立場にいつも形勢逆転。
ここまでくると、『バカにすんなよっ!』とドロップキックの一発でもお見舞いしたいくらいの展開ですが、いまだに彼女が夫にキレかかったことはありません。
年上だから、と最初に3歩下がったが最後、私から見たら、旦那にものすごく軽い存在として捉えられているように見えてしょうがありません。そして、夫婦間で最初の関係性を途中でひっくり返すのは、まず不可能に近いのではないかと思います。
この夫婦に限らず、何人か夫に浮気をされた女性を見てきましたが、彼女たちに共通して言えるのが、我慢強いこと。そして、自分の感情を相手にぶつけたりしないこと、です。
文字面だけ見ると、『それがなんでイケないの?』という感じですが、夫婦の間でどちらかが一方的に我慢し、感情をぶつけられないというのは深刻な問題ではないかと思います。男性は想像力に乏しい方が多いんです。言わなくてもわかるでしょ!ということでさえ、言われなければわからないんです。時にはヒステリックに感情をぶつけることで、女性に対する思いやりが育てられるきっかけになることもある、と私は思います。
彼女がもしも、髪を振り乱して泣きながらでもキレていたら・・・ここまで夫が彼女をバカにするような態度を取ったりしなかったのでは?と思わずにはいられません。

 

Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アンチエイジング興味あり